塗り替え時期を知りたい方へ


うちの外壁、いつ塗り替えればいいの?

特に目立った傷みはないからまだいいかな?前回の塗り替えから結構経つ。そろそろ塗り替えどき?

塗り替えのタイミングが気になる方は多いのでは?

はじめての方の場合、どこを見て判断すればいいのかもよくわからないですよね。でも、いつか必ず塗料の効果は薄れ、塗り替えのタイミングがやってきます。塗り替えのタイミングを逃してしまうと、雨水の浸水や雨漏りなどが起こり、構造部が腐食し、家自体にダメージがおよぶこともあるんです。そうなる前に適切なタイミングを見極めて塗り替えましょう!

以下に塗り替えに適した時期かどうかを判断できるチェックシートをご用意しました。塗り替えのタイミングがわからないという方はぜひご利用ください。

塗り替え必要度チェックシート

塗り替えを5年以上していない【危険度★】
塗料の寿命は5~20年です。安価な塗料を塗っている場合、5年程度で寿命が来ます。前回塗った塗料がわかれば耐用年数を調べてみましょう。
ツヤがなくなってきた【危険度★★】
ツヤがなくなると見栄えは悪くなってきますが、機能的には問題ありません。塗り替えは不要ですので、しばらく様子を見ましょう。
色あせが起きている【危険度★★★】
まだ大きな損傷はありません。多少の色あせなら塗り替えは不要ですが、気になるようなら補修しましょう。この段階なら簡単な補修で済みますよ。
さわると白い粉がつく【危険度★★★★】
塗料の防水効果が薄れたというサインです。この現象(チョーキング現象と言います)があらわれたら、塗り替えを考えましょう。
塗膜面にひび割れがある【危険度★★★★】
塗膜の保護力が弱くなってきていて、紫外線や雨などが外壁に侵入してしまっている状態です。雨漏りも起こる可能性が高く、内部の腐食が進み、建物自体の寿命を縮めてしまうので、早めのご対応をおすすめします。外壁塗装の場合、まずひび割れ部分を補修してから塗装しますので、ひび割れなども直ります。また、ひびが入っていたことが分からないような仕上がりを心がけています。
塗膜がはがれている【危険度★★★★】
建物の骨格が紫外線や風雨にさらされている状態。塗り替えには下地補修も含めかなりの費用がかかってしまいます。特に木部・鉄部は外壁よりも劣化しやすく、大きなダメージを負っている可能性もあるので、要注意! 放っておくと雨が浸入することも……。
雨漏りがする【危険度MAX!★★★★★】
既に塗り替えのタイミングを過ぎています。すぐに外壁塗装・雨漏り対策を行いましょう。

いかがでしたか?危険度の★が多いほど塗り替えの必要性が高い状態です。塗り替えの必要性を感じたら、一度当社までご相談ください。

部位別塗り替え時期の目安
部位 目安時期 チェックポイント
外壁 築8~10年 紫外線や排気ガスにより、ダメージを受けます。色があせてきたり手でさわったときに白い粉が付着したりするようなら、塗り替えましょう。
鉄部 3年に1回程度 鉄部はサビに注意してください。サビが進行すると大がかりな補修が必要になり、費用が高くついてしまいます。
木部 3年に1回程度 水による腐食に注意してください。腐食すると虫がわいたり、雨漏りしたりすることもあります。

埼玉で外壁塗装をお考えなら藤和土建工業にお任せください!

藤和土建工業は30年以上にわたって、埼玉を中心に関東全域で外壁など建築に携わっています。

藤和土建工業のお約束

当社が抱える職人はキャリア10年以上のベテラン揃い。塗装は3回、下塗り・中塗り・上塗りと丁寧に塗り替えを行っています。また、当社はもともとビルやマンションの足場工事を専業としていたため、複雑な形状の建物での塗り替えにも柔軟に対応できます。

自社で足場を組むことですぐに施工に移れるのでスピードにも自信あり。戸建て、マンション・アパート、ビルなど建物の種類を問わず、どんな現場でも丁寧かつスピーディーな施工をお約束します。外壁塗装をお考えの方はお気軽に当社までご相談ください。

そのご要望にお応えします!!

  • おトクに塗り替えたい少しでも安く済ませたいという方はこちら!安く塗り替えるときの注意点もご紹介しています。
  • 長持ちする塗料がいい塗り替えるなら長く持つ塗料がいい、という方はこちら!「長持ち=高い」と思われている方も必見です。
  • 塗り替えして光熱費を抑えられるってホント?塗料によっては塗り替えることで光熱費を削減できるってご存じですか?くわしくはこちらをご覧ください!